産後の下半身ダイエット

産後の気になる太った下半身・・・ダイエットには1駅分のウォーキングで十分なんです。
MENU

産後の下半身ダイエット方法にはコレ!

産後の下半身太りを気にする女性

 

私も妊娠中に体重が増加しました。

 

どうしても、妊娠中は、お腹の子供のために栄養を
十分に摂取しないとなどの心配から栄養を多く摂取気味になります。

 

また、お腹の中の子供の体重の増加もあって、
実際に、妊娠前に比較して、産後の実質的な
体重の増加量は、解り難い状況にあるものです。

 

特に下半身の腰回りの増加も解り難い場所となります。

 

産後は、授乳を通して、ある程度の体重が
減少するダイエット効果はあると思います。

 

私は、産後に授乳をしていました。
確かに産後の授乳を通して、体重の減少は、
加速したような印象がありました。

 

しかしながら、下半身の腰回りを中心とした
ピンポイントのダイエットは、難しいと感じていました。

 

産後の授乳のみで妊娠前の体重に戻すことは困難なことです。
ましてや、下半身を中心としたダイエットとなると尚更です。

 

そこで、無理なく健康にできそうなことを考えてみました。

 

そして、思いついた下半身ダイエットのアイディアが、
いつも利用している交通公共機関である電車の
ひと区間を電車でなくて徒歩に変更して運動の機会を増やすというものでした。

 

この徒歩自体は、約1000メートル程度でした。

 

徒歩の時間が20分程度増加することになります。

 

この運動が増加するだけでも、体重を
減らす効果は大きかったです。

 

目的なく自宅周辺を散歩するよりも、目的地までに
到着しなければならないという気持ちが、ダイエットに効果があるような気がします。

 

目的がないとどうしても持続性の観点で継続しないような気がするからです。

 

私は、産後の下半身の体重増加を一駅徒歩ダイエット
によって、対策したわけですが、それによって
体重の減少のみならず、筋肉による腰回りの引き締め効果も得られたと考えています。

 

基本的に有酸素運動は下半身痩せにも効果的です。

>>>下半身ダイエットにぴったりの5つの方法とは?

 

このように食事制限のみのダイエットに依存することなく、
目的を持った運動を一つ付け加えることで、下半身を
中心としたダイエットの効果や持続性が期待できることが実感できました。

 

皆さんも身近なところでの簡単な部分的な見直して、
産後の継続的な下半身のダイエットを導入されては如何でしょうか?

 

このページの先頭へ